>  > 【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 ホンダ トゥディ JA4 E07A 1996年2月~1998年10月 * 純正番号 44011-ST5-900 相当品
【送料無料】 225/40R18 18インチ MSW by OZ Racing MSW 27 7.5J 7.50-18 SAFFIRO サフィーロ SF5000(限定) サマータイヤ ホイール4本セット 輸入車 フジコーポレーション

【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 ホンダ トゥディ JA4 E07A 1996年2月~1998年10月 * 純正番号 44011-ST5-900 相当品

東京とその周辺をたくさん走っている路線バス。
そのなかでも「大人の事情」的な理由で、運転本数の少ない路線、路線図にはない幻のルートなどなど、乗車難易度の高い路線を中心にご紹介しています。

2008.07.30 Wednesday

【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 / ホンダ トゥディ JA4 PROJECTS E07A 1996年2月~1998年10月 * 純正番号 44011-ST5-900 相当品

0

    ●京成タウンバス 有01 浅草寿町→亀有駅


     都内屈指の観光地「浅草寿町」からJR常磐線の「亀有駅」とを結んでいる「有01」系統は、平日と土休日とで極端に運行本数に差があるのが特徴のバス路線で、土休日なら日中でも毎時1~2本という頻度で運行されるところ、平日はわずか6回という極少路線になります。歴史的には京成電鉄がバス事業を始めた頃に遡るほどの古い歴史を有する路線で、今では隅田川を越える数少ない民営バス路線でもあります。
     私がこの路線について知る30年ほど以前から、都区内のバス路線としては運行回数はそれほど多くはなく、京成電鉄時代末期で一時間に1本程度の運行頻度だったと思います。本数が大幅に削減されたのはタウンバスに移管された頃だったはずで、いったんは土休日も含め大幅に減回されたようですが、その後は再び土休日ダイヤにおいて増強に転じています。

     土休日に本数が多く設定されているのは、やはり沿線に「浅草」という観光地を控えているという事情もあるでしょうし、葛飾や墨田区などの交通がやや不便な地域の人々にとっては、手軽に都心方面に向かうことができるなど、それなりに利用価値の高い存在であるのかもしれません。そこで今回はあえて本数の少ない平日に乗ってみて、どんな利用実態なのか見てみたいと思います。

     乗車当日は「浅草寿町」9時30分発の便に乗りました。バスはいすゞLR・ワンステップ車で富士8Eボディを架装したものでした。
     始発の「浅草寿町」は都営バスを含めいくつかの系統の始発地であるものの、まとまったターミナルのような場所はなく、各系統の乗り場がバラバラに点在しており、そのうち「有01」系統は浅草通り沿いにポールがひっそりと立っていて、初めて訪れると少し分かりづらいかもしれません。
     ここからは私を含め2名が乗車。発車後、寿四丁目と雷門一丁目交差点を続けて右折し、次の「浅草雷門」では乗車がなく通過となります。

    ↓車窓から見た雷門

     吾妻橋で隅田川を渡り、台東区から墨田区へ。墨田区役所がある「リバーピア吾妻橋」バス停で1名、その次の「本所吾妻橋」バス停でも3名の乗車がありました。その先、三ツ目通りへ左折、言問橋から先は水戸街道へと名称が変わります。浅草から「向島二丁目」までは都営バス「草39」系統と並走し、それより先、「隅田公園~(墨堤通り)~堀切菖蒲園駅」の区間では、白鬚橋付近で都営バス(墨38/南千48系統)が並走する以外は、ほぼ単独区間となります。このため、この区間においての乗車が意外と多く スタッドレスタイヤ コンチネンタル コンチバイキングコンタクト6 205/65R16 95T & レオニス FY PBミラーカット 6.5-16 タイヤホイール4本セット 205/65-16 CONTINENTAL ContiVikingContact 6、各バス停において乗車が続いたため、気がつくとほとんど空席がなくなっていました。

     防災上の「壁」として機能することになっている、巨大な都営白鬚東アパートが終わると、その先に「鐘紡」というバス停があり、その「鐘紡」とはすなわち「カネボウ」のことで、ここがかつて日本有数の大手企業だった「カネボウ」創業の地であり、長年本社もこの地にありました。今も商号に「カネボウ」が残る「カネボウ化粧品」という会社も、現在は経営母体が変ってしまったことにより、この土地とは無関係なものになり、今後「鐘紡」が「鐘淵紡績(かねがふちぼうせき)」の略称であることを知る人は、徐々に少なくなってしまうのでしょう。ひっそりとしたダルマポールですが、まさに歴史を物語る停留所名です。

     綾瀬橋で旧綾瀬川を渡ると足立区に入りますが、足立区内のバス停は「千住曙町」一か所だけ。今度は堀切橋で荒川と綾瀬川を連続して渡ると葛飾区に入ります。
     京成線と交わる「堀切菖蒲園駅」バス停でさらに大勢の乗車があり、いよいよ立客が出るほどの混雑。少しだけ降車客があるものの ●ランボ●LANBO デザイン フロアマット [プリウス 50系] [カラー]ブラック×ブラック、それ以上に乗ってくる方が多く、その先も乗車が続きました。
     「堀切六丁目」からは住宅地をウネウネと走り、結局終点「亀有駅」に到着する頃には車内が見通せないような混雑ぶりで到着しました。

     亀有も今は大型商業施設の「アリオ亀有」などができて、買物客が増加。今までならこれで充分だった平日の運行本数も、今後は増便するようなことも考えられるのではないでしょうか。浅草から所要48分、運賃は基本的に210円ですが、都営バスとの競合区間では200円、亀有駅周辺の京成バス「綾01」系統並行区間では150円(いずれも並行区間相互利用の場合のみ)となっています。

    ↓バスを降りると目の前にこち亀「両津勘吉」像があります







    ●京成タウンバス 新小20 新小岩駅北口→一之江駅


     次に「新小20」系統のうち、平日・土曜の朝のみ運行されている小松橋迂回便をご紹介します(都営バスでは「新小20乙」系統と案内されています)。
     この系統は京成タウンバス・都営バスとの共同運行路線ですが、開設当初から徐々に減便を繰り返し、両者を合わせても毎時1本程度の運行頻度となっています。通常運行の便は「東新小岩四丁目」(京成便は一区間短い「東新小岩三丁目」発着)から新小岩駅北口~環七通りを経由して都営新宿線「一之江駅」を結んでいますが、冒頭の通り、平日と土曜の朝のみ蔵前橋通りの渋滞回避のため、「新小岩駅北口」を始発とし、蔵前橋通りを逆行、小松橋でJR線を越えて「新小岩四丁目」から通常ルートに戻る迂回ルートを取ります。これに該当する便は京成・都営とも各3回だけなので、

    【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 ホンダ トゥディ JA4 E07A 1996年2月~1998年10月 * 純正番号 44011-ST5-900 相当品

    ※ドライブシャフトはABS付と無しで変わるので間違う可能性があります。
    品違いを防ぐためにお車の車検証に記載の
    「類別区分番号」
    「型式指定番号」
    「初年度登録年月」
    「車体番号」
    の情報をメールまたはFAXにて頂くようお願い致します。
    正確な商品をお届けできます。(同じ年式・型式でも商品が異なるケースがございます)
    ご協力の程よろしくお願い致します。

    リビルト(再生)品ではなく新品の為、コアの返却は不要です。

    【適合車種】

    ホンダ トゥディ


    ●排気量:660cc

    ●車両型式:JA4

    ●エンジン型式:E07A

    ●年式:1996年2月~1998年10月

    ●対応純正品番:44011-ST5-900

    、今回はその数少ない便に乗ってみようと思います。

     乗車当日は平日の京成タウンバス担当の最後の便、「新小岩駅北口」8時32分発に乗りました。ルートは通常経路と逆行になるので、新小岩駅の乗り場も、通常ルートとは反対側の平和橋通り四つ木方向のバス停になります。
     やってきたバスはいすゞエルガミオ・ノンステップ車で、私を含め8名が乗車しました。
     発車後すぐ先の巽橋交差点を右折して蔵前橋通りへ。「東新小岩三丁目」で早速4名が下車しました。
     「渋滞回避」と言いましたが、これは朝ラッシュ帯の蔵前橋通り上り線の渋滞が激しいことによる運行上の対策なのですが、これが最近になって状況が変わりはじめています。なぜかと言うと、昨年、渋滞原因の一つであった巽橋交差点付近に、わずか半年の工期で新小岩陸橋が完成。これによりその渋滞は大幅に緩和され、この日私が見た限りでは、道路はほぼ順調に流れており、もしかしたら現在行われている迂回運行も今後見直しになるかもしれません。

     さて、「東新小岩三丁目」を出て、すぐ右折車線に進路変更、右折して小松橋を渡りますが、ここを通るのは朝ラッシュ時限定となっています。
     この陸橋の下にはJR総武線と、新小岩操車場のヤードがあり、ちょうどこの時間はコンテナ列車が停車していました。

     陸橋をおりて左折すれば 15インチN BOXJF系 ターボ車ENKEI オール オールワン マシニングレモンイエロー 5.0Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15、この先は通常と同じルートで一之江駅を目指します。
     上一色の住宅地を抜け 、環七通りに出ますが、その手前のJR線路沿いの区間は、大型車同士ではすれ違えない狭い部分があります。

     「上一色コミュニティセンター」の先で環七本線と合流。あとはひたすら一本道となります。まだ朝通勤時間帯にかかる運行ですが、バス車内は至って閑散としており、運行本数は利用実態をもろに表しているようです。
     途中バス停では1~2名ほどが少しずつ入れ替わっていくような具合で、終点「一之江駅」到着時も発車時とほぼ同数の客が降りていきましたが、全線通しの利用は私以外にはなかったようでした。所要時間は28分で、運賃は全線都営バスに合わせ200円でした。




    運行形態:F、路線図掲載:◯、乗車難易度:★★★☆(現在は系統廃止)

    ●京成タウンバス 小74 小岩駅→タウンバス車庫


     「小74」系統は「小岩駅~小松川署」間が本線となっていますが、奥戸にある「タウンバス車庫」への出入庫便についても営業運行となっています。京成電鉄が運行していた当時は「小76・小岩駅~葛西駅ほか」線の出入庫扱いでしたが、現在は「小76」系統が京成バス江戸川営業所に移管となったため、子会社の京成タウンバスへ移管となった「小74」系統の一部となりました。この系統自体は結構古くからあり BIOT アルファード H10/15W リアブレーキ オフセットキット 3ピースローターキット、車内掲示の路線図や、「東京都内乗合バス・ルートあんない」にも掲載されていました。ただ当時、私の記憶では一日3往復程度(上下で本数が異なっていたと思います)の運行で、免許維持路線でもあったようです。しかし、乗車当日に小岩駅での発車時刻を調べてみると、いつの間にか大幅に増便になっており、現在は一時間に1本程度の頻度となっていました。これは決して利用者が増えたとか、増便要望があったのではなくて、本線からの出入庫回数を増やしたか、回送をすべて営業扱いに変更、そのどちらかと思われます。近年、旅客サービス上、経費にそれほど差がなければ営業扱いに変更するケースも増えていますが、これもそういった理由ではないでしょうか。
     
     この日は日曜日で10時49分発の便に乗車。乗り場は「小74」と都営バス「錦27」系統との共用で、ここからは私を含め2名が乗りました。やはり本線から到着し、すぐ着発で出るパターンで、パッとドアを開け、戸惑ってるとすぐに発車してしまいますが、出入庫便というのはどこもそんな感じです。
     途中「鹿本中学」までは本線と共通ルートで、その一つ先の「上一色中学校」までは都営バスと運賃を合わせ200円で乗れますが、その先は通常の民営区間となり210円となります。
     「鹿本中学」で千葉街道から環七通りへ右折します。今でこそ「環七シャトル」の運行開始で、環七通りを路線バスでつなぐことができますが、それまではこの出入庫線もそのなかで貴重な存在でした。
     環七通りの途中区間にある「奥戸消防署」バス停は 送料無料(一部離島除く) KARO カロ フロアマット フラクシー ニッサン エルグランド(1999~2002 E50系 APWE50) フジコーポレーション、この系統だけが停車します。この日はここで1名下車しました。
     奥戸陸橋では側道に入り、奥戸街道へ左折、そして小岩駅から13分で終点「タウンバス車庫」に到着しました。京成電鉄運行時代は、もう少し先の「奥戸車庫」が終点でしたが、

    【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 ホンダ トゥディ JA4 E07A 1996年2月~1998年10月 * 純正番号 44011-ST5-900 相当品

    、移管の際に短縮されました。

    Calendar
     123456
    78910111213
    141516

    JA4 * 【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 E07A 純正番号 1996年2月~1998年10月 トゥディ 相当品 44011-ST5-900 JA4 ホンダ

    17181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
     
    Others
    Mobile
    Powered by
    (C) 2019 【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*左側】 ホンダ トゥディ JA4 E07A 1996年2月~1998年10月 * 純正番号 44011-ST5-900 相当品="" all="" rights="" reserved.');"="">ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
    {yahoojp} {rosen-bus.jugem.jp}
    {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-32052