>  > スズキ純正 カバー レッグシールド(パープル) 92111-25E00-1JR JP店

【データシステム / DataSystem】リアカメラ接続アダプター RCAシリーズ 品番:RCA046H > 日産/ピットワーク タイミングベルト AY440-MT036 ミツビシ アスパイア EA7A,EC7A 4G94 GDI 2000年05月~ 2000cc > 
Skip To Content
ArcGIS の検索

スズキ純正 カバー レッグシールド(パープル) 92111-25E00-1JR JP店

GeoPlanner のダッシュボードのゲージには、主要業績評価指標 (KPI) の現在の値が表示されます。主要業績評価指標は 長期的あるは中期的な目標に向けた進捗を示す値を測定し、シナリオ内の属性、定数、単純な数学演算子などを含む方程式として定義されます。GeoPlanner のダッシュボードには複数のゲージを含むことができます。ゲージには 【デイライトキット】MINI/ミニ F54 F55 F56 F57 F60 デイライトコーディング ドアロック連動ドアミラー格納コントローラー DRL点灯 デイライトリング標準装着車/MINIナビゲーションシステムライン装着車専用 MADE IN TOKYO、アクティブ シナリオに関連する KPI データが表示されます。

GeoPlanner のダッシュボードは 1 つ以上のゲージを使用して構成できます。各ゲージには、計画の定量的な KPI を表す数値が表示されます。各ゲージに示される値は、定義された計画のパフォーマンス メトリクスの現在の値を導き出すために使用する方程式によって計算されます。計画のメトリクスを計算するためのこれらの方程式は、アクティブ シナリオからの個々のフィーチャ属性値、定数、さまざまな単純な数学演算子の組み合わせをサポートしています。

スズキ純正 カバー ANH20/25W レッグシールド(パープル) 92111-25E00-1JR JP店 10個入り

新しいゲージを作成するには、次の手順を実行します。
  1. マップのツールバーで、[ダッシュボード] ボタンをクリックします。
  2. ダッシュボードの左上隅の [ダッシュボードの設定] ボタンをクリックして、ドロップダウン メニューから [パフォーマンス インジケーターの追加] を選択します。
  3. [パフォーマンス インジケーター] ダイアログ ボックスで、[キャプション] フィールドにキャプションを入力します。このテキストは、ダッシュボード ウィジェットのドロップダウン メニューに表示されます。これは、ゲージが表示するパフォーマンス インジケーター メトリクスを簡単に識別する短い記述子にする必要があります。
  4. 自分のプロジェクトに適したインジケーターの [タイプ] を選択します。
    注意:

    [コンポジット] チェックボックスをクリックすると、他の KPI から構成された KPI を作成できます。異なるデザイン レイヤーや機能のメトリクスを結び付ける KPI を生成する場合、コンポジット KPI の追加は有効に機能します。たとえば、自分のプランの緑地の合計ヘクタール数をプランの全人口で除算することにより、ISO 37120 が定める10万人あたりの緑地面積のインジケーターを表すコンポジット KPI を作成することができます。この場合、緑地の合計ヘクタールが一方の KPI になり、 合計人口が他方の KPI になります。
  5. パフォーマンス インジケーター値の予期される範囲を [範囲] フィールドに入力します。最高値と最低値の入力は必須で、オプションで、ゲージに表示される 2 つの中間値を追加入力できます。ゲージの範囲ダイアルは、デフォルトでは赤から緑へ色分けされます。[L-H] トグル キーをクリックすると、ゲージの表示の色分けが反転します。
    注意:

    範囲は、ゲージ タイプが選択されている場合のみ表示されます。

  6. [シナリオ レイヤー] ドロップダウン メニューをクリックして、メトリックの計算元となるシナリオ レイヤーを選択します。
  7. オプションで [フィルター] ドロップダウン メニューをクリックして、メトリックの計算に含まれるフィーチャ タイプのサブセットを選択します。デフォルトでは、すべてのタイプが含まれます。
  8. [方程式ビルダー] をクリックして、方程式ビルダー ダイアログ ボックスを表示します。方程式には、シナリオ レイヤーのフィールド (括弧内)、面積または長さの単位、単純な数学演算子を含むことができます。方程式はフィーチャごとに 1 回評価されます。詳細については 下の「ゲージ方程式の構築」と「例」のセクションをご参照ください。
  9. オプションで、[合計] ドロップダウン メニューをクリックして、[合計] または [平均] を選択します。この選択は、ゲージ内で計算されるすべてのフィーチャについて、値を合計するのか平均するのかを示すものです。
    この KPI はアクティブ シナリオの面積合計を表示します。
  10. [作成] をクリックします。新しいゲージが作成され、ダッシュボードに追加されます。

    ゲージ方程式の構築

    自分の計画の定量的なパフォーマンス インジケーターを計算するための方程式を構築する場合、、1 つの属性または定数 (特定の土地利用タイプの面積など) を参照するだけで構いません。ただし、複数の属性と定数から計算することもできます (たとえば、税収入であれば、土地利用タイプの割合 、容積率、土地利用タイプ別の税率などが考えられます)。構文例は [方程式] テキスト ボックスの下に表示されます。方程式はフィーチャごとに 1 回評価されます。すべてのフィーチャの結果が合計または平均され、1 つの KPI 値が算出されてゲージに表示されます。方程式には次のルールが適用されます。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-3133