15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ステラ(LA100系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 4.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15


 >  > 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ステラ(LA100系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 4.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15

□ 板張り

○細かいこだわりと使い方で長持ちさせる

下地の処理が終わって、いよいよ外壁の工事に入ります。那須の山荘では、悩んだあげく、外壁を板張りにすることにしました。板張りはイメージ的に山小屋を髣髴とさせる素材で、周りの雰囲気とも馴染みやす都会の人にとっては 、ちょっとした憧れがある反面、メンテナンスや防火に対する不安があるため、選択を躊躇してしまう方も多いかもしれません。さらに、法的な条件もクリアーしなくてはいけませんので、なおさらです。ただ、敷地が広く、隣家との距離がある場所であれば、多くの場合、法的には問題ありませんし、正しい施工方法であれば 純正交換用 HIDバラスト スズキ ソリオ バンディット MA15S D4S D4R OEM製 補修 予備 輸入車 単品 故障用、メンテナンスもさほど気になりません。木の家らしい板壁の外観はやはりいいものです。

今回は、普通の木の板を外壁にして、長持ちをさせる工夫をいくつか実践しました。その中でまずはじめに拘った部分が、板の素材自身です。材質は地元八溝の杉ですが、写真の通り、ほぼ「赤身」で統一しています。木の断面を見ると、中心部に近い部分が赤く、その周りを白い部分が覆っています。その中心部に近い部分を「赤身」と呼んでいるのですが、赤身には腐朽菌などに強い、フェノール類を多く含み、栄養素などもほとんどありませんので、腐りにくくなります。長く、丈夫であって欲しい外壁ですから、まずはこういった部分に気をつけなくてはいけません。もちろん赤身だからといって、濡れっぱなしになるようなつくりはNGです。地面からの距離を取り、軒をたっぷり出して、なるべく水から遠ざけることも長持ちの秘訣です。木は停滞する水が天敵ですので、すぐに乾いてしまえば問題はありません。木の特性を生かすようなつくり方に徹することが大切です。これは樹種が違ったとしても、考え方は同じです。

□焼板

○ メンテフリーの木材保護

板張りをした場合、外壁の保護として最もポピュラーな方法として、「塗装」があります。最近では、溶剤などを使用していない、自然塗料系でも、

、性能のよいものが出てきました。塗装をする場合は、外壁を張った後ではなく KARO(カロ)KRONE(クローネ) スバル インプレッサスポーツ GP# H23/12~ フロアマット リアゲートのみ、張る前に塗ることをお勧めします。後から塗った場合 サマータイヤ 215/65R16 98H ヨコハマ ジオランダーSUV G055 & ビーマッド エックス 7.0-16 タイヤホイール4本セット、経年変化で塗っていない部分が露出したり、極端に表側に反ってくる原因にもなります。塗装の場合はどんなものを塗ったとしても、何年かに1回は塗り替えることになりますので、メンテナンスの事も頭に入れておかなければいけません。

今回は、塗装ではなく焼板にチャレンジしました。焼板とは読んで字の如し、板を焼き、表面を炭化させて、保護する方法です。古い街並みを歩きますと 【送料無料】 185/65R15 15インチ MANARAY マナレイ ユーロスピード G10 6J 6.00-15 SAFFIRO サフィーロ SF5000(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、真っ黒い外壁の母屋や蔵を見かけることがあります。真っ黒く焼けた外壁はまるで火事にあったのかと思ってしまうくらいです。ただ、塗料のように色が剥げたり褪めたりすることもありませんので、ある意味メンテナンスフリーの外壁ではないかと、思っています。

今回の 施工はもちろん施主によるセルフビルドです。焼板を専門に行っている職人さんもいませんので…(笑)除草用の高火力バーナーを使って1枚ずつ地道に焼いていきます。もちろん両面です。木ですので、一見すぐに燃えてしまうように思いがちですが、1枚を仕上るのに10分以上の時間が掛かります。意外と木は燃えにくいことが分かりました。熱くて、体力のいる作業が続きました。ちなみに材料は3.6mで160枚近くありましたので、両面で320面焼いたことになります。細い側面部分もありましたので、かなりの量を焼きました。本当にお疲れ様でした。

□ うずくり

○ 最高性能に上品さをプラス

真っ黒く炭化した板をそのまま張るつもりでしたが、張り手の大工さん達に、手が汚れるのを嫌がられたのと、どうしても火事にあったような雰囲気が、那須の風景に馴染まないのではないかと思い込み、炭化した表面を削ることにしました。(もちろん言いだしっぺの私が作業を行うことに…)

この作業は予想通り過酷で、焼板以上に辛い作業となったことは言うまでもありません(笑)マスクを二重にして、手袋をはめ、ひたすら金ブラシで板を擦っていきます。しばらく続けていると、炭化した表面の下から年輪の夏目と冬目が浮き出てきました。柔らかい夏目が削られ、固い冬目が残るため、板の表面に陰影が出てきます。いわゆる「うずくり」という状態です。真っ黒かった板が、見る見るうちに上品な姿になってきました。やっぱり手間をかけるといいものになるものですね。

最後は雑巾で、余分な炭を拭き取って完成です。自分は全身真っ黒になりましたが、これで大工さんの手が汚れず板を張ってもらえそうです。

□ 南京下見張り

○ 木の性質を活かして真鍮釘でアクセント

外壁の張り方には、色々とありますが、今回は横張りにすることにしました。全体の割付をした後、一番下側から張っていきます。30㎜程度重ねて、次の板を張っていく方法です。この張り方は「南京下見張り」と呼ばれています。外壁全体に凹凸が出来ますので、立体感のある仕上がりとなりました。ちなみに板の向きは木裏(木の断面で芯に近い方)を表向きに張っています。通常木を使う場合は木肌の綺麗な木表(木の断面で表面に近い方)を表向きに使いますが、木は「木表側に反る」という性質があるため、板の端部が跳ねてこないように木裏を表にすることにしました。焼いていることが幸いして、木裏でも綺麗に見えています。

もう一つ悩んだのが、釘です。最近はビスを使うことが多く、釘をあまり使わなくなりましたが、外壁は表しになりますので、化粧の丸釘で止めていくことにしました。普通の鉄製スクリュー釘ですとすぐに錆びてしまうため ZESTINO ゼスティノ Gredge 07RR 215/40R17 BBS RE-L2 鍛造1ピース ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 4穴 100、ステンレスのスクリュー釘で止めようと考えていましたが、いつまでもピカピカ光ってしまうステンレスでは板の風化と相性が悪いのではないかと珍しく頭が働き、悩んだ末に真鍮スクリュー釘を使うことにしました。(値段は高いのですが…思い切りました。)真鍮はYOKOHAMA ヨコハマ アドバン デシベル V551 dB サマータイヤ 235/40R18 RAYS GRAM LIGHTS 57FXX 18 X 8 +45 5穴 114.3銅と亜鉛の合金で、五円玉に使われている素材です。錆びても赤くなるようなことがなく、だんだん板に馴染むのではないかと期待しています。細かい部分ですが、ちょっとしたこだわりです。

金物屋さんを探すと、釘だけでも色々な素材が見つかります。これだけの種類が揃っていれば、金物も用途や使用場所によって変えていくことができます。プロでも使わなければ、新しい材料を知ることはありません。逆に家を建てようと勉強しているお客さんの方が、色々なことを知っていることがあります。我々も色々な手段を使って、

15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ステラ(LA100系)】A-TECH シュナイダー スタッグ メタリックグレー 4.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 165/55R15

、日々新しく更新される情報を収集することが必要です。

{yahoojp} {keyaki-sekkei.com} {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-15491