>  > W204 (SEDAN) C250 (1.8TURBO) 204047 09/08~14/07 フロント用 ES エクストラスピード ES-1114306 ディクセル

W204 (SEDAN) C250 (1.8TURBO) 204047 09/08~14/07 フロント用 ES エクストラスピード ES-1114306 ディクセル

W204 (SEDAN) C250 (1.8TURBO) 204047 09/08~14/07 フロント用 ES 7.50-18 エクストラスピード ES-1114306 ディクセル TN6020

1. ラテン語の音節

 ラテン語の場合、単語のどこにアクセント(強勢)を置くかは共通のルールに基づいて自動的に決まります。

。これを知るには「音節」というものについての理解が必要となりますので、まずはこちらから解説いたします。

ES-1114306 ES (1.8TURBO) エクストラスピード ディクセル フロント用 ディクセル (SEDAN) 204047 C250 09/08~14/07 W204 ES

 ラテン語の単語は1つ以上の「音節」から成り立ちます。そして音節は「0個以上の子音+母音+0個以上の子音」という並びから成り立ちます 【エントリーでポイント5倍】215/60R17 96H DUNLOP ダンロップ GRANDTREK PT3 グラントレック PT3 Precious AST M2 プレシャス アスト M2 サマータイヤホイール4本セット。
 ラテン語には「子音だけの音節」というものはなく、また「2つ以上の母音が含まれる音節」というものもありません。従いまして、単語中の先頭の母音よりも前にある子音はすべてその先頭の母音と同じ音節に属することになり、また単語中の最後の母音よりも後にある子音は、すべてその最後の母音と同じ音節に属することになります。例:me-us.

 2つの母音の間にある子音は次のようなルールに基づいて、前後どちらの母音側の音節に寄せるか決まります。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-29382