>  > ヘッドライト 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LED Tail Brake Lamps Signal Lamp Headlights 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LEDテールブレーキランプシグナルランプヘッドライト
CUSCO (クスコ) LSD type MZ Spec-F スバル レガシィ ツーリングワゴン BR9 09.5 - 2way(1&2way) Spec-F [LSD 684 AT2]

ヘッドライト 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LED Tail Brake Lamps Signal Lamp Headlights 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LEDテールブレーキランプシグナルランプヘッドライト

「くりホン キリスト教教派の森」別館
<< 「枝の主日」は何の枝? | TOP | ヤコブス・デ・ウォラギネ『黄金伝説』 >>
2014年09月07日

ヘッドライト 03 04 05 06 ES Sierra 2500HD Foglights LED Tail Brake Lamps Signal Lamp ブラック/レッドクリア Headlights 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LEDテールブレーキランプシグナルランプヘッドライト

欽定訳聖書 KJV には、3箇所に“Christian”(語源はギリシャ語の“Christianos”)の語が登場する。ACT11:26、ACT26:28、そして1PE4:16である。例としてACT11:26の訳語をいくつかの邦訳聖書で見てみよう。
<使徒11:26>
文語訳◆弟子たちのと稱〔とな〕えらるる事はアンテオケより始れり。
正教会訳◆門徒が「」と稱〔しょう〕せらるること、アンティオヒヤより始まれり。
口語訳◆このアンテオケで初めて、弟子たちがと呼ばれるようになった。
新共同訳◆このアンティオキアで、弟子たちが初めてと呼ばれるようになったのである。
上記だけでも4種類、歴史的な吉利支丹や切支丹のほか CUSCO (クスコ) LSD type MZ Spec-F スバル レガシィ ツーリングワゴン BR9 09.5 - 2way(1.5&2way) Spec-F [LSD 684 KT2]、基督信者、基督信徒、キリスト教徒など、“Christian”を示す日本語には、さまざまな種類がある。具体的にどんなことばが用いられてきたのか、また、明治・大正・昭和・平成と時がうつるにつれて、それらの使用頻度はどう変化していったのか。

現在インターネットで検索できるデータベース、また書物としてまとめられたデータベースを元に、その傾向をまとめてみた。2005年までに出版された本を対象に、利用した資料は以下の通りである。
  • 国会図書館の蔵書検索システム(NDL-OPAC)にある書名および論文タイトル中の表記
  • 大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 件名編5
  • オンライン書店 ビーケーワン(bk1)アマゾン(Amazon)
  • オンライン書店 日本の古本屋 テーブルで数字を記した文献数は、次の方針で抽出した。
    • 一度発表されたものを後にまとめた全集、アンソロジー、論文・講演・資料集などは、初出年がはっきりしないので原則として省く
    • 同一内容の改版・復刻版はカウントしない
    • 同じタイトルで複数巻出ているときは1として数える
    • 雑誌記事索引は、あくまで普通名詞的に使われているものをピックアップする 留意すべき点は カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 TOYOTIRES トーヨー ナノエナジー3プラス NANOENERGY3plus サマータイヤ 225/55R17 KYOHO 共豊 STEINER FORCED SF-V ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 100、使用したデータはあくまで図書館あるいは書店の「所蔵書」のもので、必ずしも初版本と限らないこと。さらに 取付店直送可 オールシーズン 16インチ プジョー 208用 195/55R16 グッドイヤー ベクター フォーシーズンズ MSW85 タイヤホイール4本セット 輸入車、これらのデータから漏れた資料も相当数あるはずなので、初出年として出した例は「少なくとも、これより以前」ととらえた方が適切だろう。なお、今回ヒットした最古の文献は1886(明治19)年のもので、さして古いとはいえない。

      表1 書名(副題を含む)および論文タイトル中の表記
      前置きが長くなったが ブリッツ BLITZ 【スロットルコントローラー パワスロ Power Thro】 キャストアクティバ LA250S KF-VET 15/09-、まずは上記のテーブル(表1)を見ていただきたい。まず読みとれるのは、カタカナ表記が用いられるのはもっぱら戦後であるということ。戦前の例もないわけではないが、例外的といえるだろう。

      単純に件数で判断すると、明治時代は「」、大正時代は「」が一番多いのだが、前者は9例、後者は13例という数の少なさで、とてもその表現が時代を代表しているとはいいがたい。個々の本のタイトルや出版元で判断する限り、それぞれキリスト教関係者による出版がほとんどと思われ、「信者はこの表記、非信者ならこれ」というような流れも特に見いだせない。

      ただ、内村鑑三の書物では『基督信徒の慰』(1893)、『基督信徒の特徴』(1902)、『余は如何にして基督信徒となりし乎』(1935)と、「」表記が採用されている点には注目したいところだ。内村本の表題がカタカナの「」になるのは戦後のことだが、

      ヘッドライト 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LED Tail Brake Lamps Signal Lamp Headlights 03 04 05 06 Sierra 2500HD Foglights LEDテールブレーキランプシグナルランプヘッドライト大放出セール

      、国会図書館の目録には1888年刊行の井深梶之助著『キリスト信徒の心得』という私家本が入っている。

      「」または「」は、件数としてはやや意外なほど少ないものの、ニュートラルな表現、すなわち非信者向けとして需要があるように思える。たとえば、1929年版『アラビヤンナイト』の目次には「基督教徒の商人の物語」が含まれている。

      明治末期に登場し、大正以降の日本を代表する表現は「」だろう。ジョン・ウェスレーの『基督者の完全』、マルティン・ルターの『基督者の自由』という重要なプロテスタント書に用いられ、1919(大正9)年には雑誌『基督者』が創刊された。基督をカタカナにした「」は、戦後において他の追従を許さないほどの圧倒的頻度で用いられている。

      私見ながら、この表現には、非信者よりも信者間で好んで選ばれる傾向があるように思う。「」に比較すると業界(=内輪受け)用語的だし、そこに文学的香気を嗅ぎとる人も多いのではなかろうか。一般的な歴史書、子ども向けの本などで採用される割合が高いのは「」であり、たとえば、1990年のぎょうせい版『アラビアンナイト』に収録された話は「回教徒の戦士とキリスト教徒の乙女」であって、これを「キリスト者の乙女」とする訳者・編集者はまずいないだろう。 非常に興味深いのは、文語訳聖書で採用された「」の語を用いたタイトルが1件も発見できなかったことだ。文字通りの死語といってよいのではないか。文語訳の浸透度にもかかわらず、なぜ普及しなかったのか、そもそも「」とは何に準拠する読みなのか。謎である。

      英語をカタカナ表記した「」の登場は、戦後を特徴づける現象ではないだろうか。英語圏のプロテスタント宣教師が多数来日したこと、戦勝国アメリカの文化が導入されて英語のもつイメージが飛躍的にアップしたこと、そして既述のように1955年の口語訳聖書でこの訳語が採用されたことも、大いにこの言葉の普及に影響を及ぼしたはずである。もうひとつ指摘するなら、「」は書き言葉に親和性が高く、「」は会話と相性がいい表現といえそうだ。本や論文タイトルといった場面で「」が圧倒的シェアを保つのは、そうした傾向も作用していると考えられる。さらにいうなら、「」には外来語の持つ明るくカジュアルで現代的なイメージがある。表記がカタカナのみ、つまり漢字が入らないことでタイトルのリズムを整えるのに特別な働きをしてくれるし、形容詞的に使える。(例:クリスチャン医療の在り方について、クリスチャン町長の苦悩)

      【以下の用例は、国立国会図書館近代デジタルライブラリー同志社大学・同志社女子大学 蔵書検索を利用して2012年6月に大幅に増強しました。そのため、それ以前にまとめた上記の説明と対応していない箇所があることをご了承ください】

      表2 キリスト教関係 初出箇所と表記の覚え書き:信者を示す普通名詞及び組織名ほか
      名称 1886-1905 1906-1925 1926-1945 1946-1965 1966-1985 1986-2005 初出
      基督信徒 9 6 4 6 1 0 1886:宮川経輝編『基督信徒大親睦会記録 第四回』吉束次武
      基督信者 2 3 3 4 1 0 1889:ワシントン・グラツデン『基督信者要性』伊勢時雄訳/江藤書店
      キリスト信者 0 0 0 4 7 4 1955:インドシナに於けるキリスト信者の悲劇~『世紀』(『カトリック思想』の後続誌)
      基督教徒 3 13 9 6 2 0 1900:ハンス・ハァス『卿は基督教徒にならずや』稲沢えい訳/真理社
      キリスト教徒 3 0 1 18 42 85 1895:「宗教 キリスト教徒の佛陀論」鈴木大拙訳~『太陽』
      基督者 0 11 28 36 11 7 1907:アル・エ・トーレー『基督者之成功』新井正平訳/中庸堂
      キリスト者 0 0 2 138 231 318 1930:「神の友」[他]『全訳キリスト者の真生活』文教書院
      クリスチャン 0 0 0 26 39 82 1948:和地永生『クリスチャン人生』人生創造社
      ★随時増強中★用例について情報をお持ちの方は、ぜひお知らせください★


      カトリック信者に関する表現としては、時代と傾向を語れるほどの用例を見いだせなかった。中国語の表現である「」あるいは「」が我が国でどれくらい浸透していたのか、その探索は今後の課題としたい。ともあれ、上記の表2からもわかるように、「」という表現が当事者間で採用され始めたのが1920年代であること、戦後に限定するなら、「」が最も使用例が多く一般的であることに触れておく。ここでは以下の例を挙げておこう。
      名称/表記 出典/事項
      16世紀 吉利支丹切支丹 1868年 明治政府・大政官布告 1871年 「切支丹類族制禁并鉄炮規則の略旧関所之亊」~『改正補訂地方凡例録 巻之10』
      1883年 『切支丹の聖教』〔公的な最後の言及〕
      1889年 鈴木正三『破吉利支丹』
      江戸初期 天主教 江戸初期から一般に用いられる
      1873年 「クラタン名人天主教ノ者ヲ自主タラシム可キヲ主張スル事」~『英政沿革論 巻之1』
      1876年 「耶蘇旧教一名天主教」~『仏国法律提要 第2帙』
      1878年 「天主教禁止ノ事」~『徳川十五代記 3篇5』
      明治 天主公教会
      公教会
      (カトリック教会の旧称)
      1890年 ラゲ『信仰之法則』福岡公教会所
      1890年 ラゲ他『基督之復活――歴史之論点に拠りて証す』公教会
      1892年 ヘンリ・ラッセル他『るゝどの姫君』天主公教会
      1868 聖教〔カトリック〕 プティジャン『聖教初学要理』『聖教日課』
      1876年『再板 聖教理証』
      1870年代 西教宗〔カトリック〕
      東教宗〔正教会〕
      正教会の教理問答に見られる表現
      1868年 『東教宗鑑』〔ロシア語から中国語に訳されたカテキズム本〕
      1879年『西教分派論』カトリック教会から刊行
      1872 耶蘇宗徒 岩倉使節の通報
      1893年 「吾主耶蘇宗徒の足を濯ひ 【マットワールド/MATWORLD】ビアンテ 等にお勧め チェック柄フロアーマット1台分 ドレスアップシリーズ 型式等:CC##W 品番:MZ0070、及聖体を立る事」~外松謙『黙想路引』東京浅草天主堂
      1877 聖教会〔正教会〕 『聖教会要課』
      1878 基督信徒 築地の新栄橋教会を中心に第一回「全国基督信徒大親睦会」
      その講演で海老名喜三郎「基督信徒交際の精神」
      1879 公教 『公教日課』刊行
      1889年 『公教雑誌』創刊
      1896年 エルネス・オグステン・ツルペン『公教要旨』天主公教会
      1879 羅馬カトリック宗徒 エー・ジー・グードリッチ他『仏国史(具氏)』文部省
      1880 正教 『正教新報』〔のちの『正教時報』〕創刊
      1883年 プラトン『正教定理略解』正教会
      1881 天主教徒 「『プロテスタント』異教徒及ヒ天主教徒ノ事ヲ論ス」~『英国律法要訣 明治13年11月印行』司法省
      1888年 「天主教徒ノ説」~アメルマン他『教会政治』明治学院
      1881 羅馬加特力教会〔カトリック〕 和志理・米迦勒斯基『羅馬加特力教会論』正教会
      1879 聖教〔プロテスタント〕 『聖經初要』米國聖教書類會社〔=American Tract Society 1874-91年〕
      1882 基督教徒 大阪基督教徒青年会(大阪YMCA)結成
      1887年 『大阪基督教徒青年會規約』大阪基督教徒青年會
      1888年 「基督教徒の死」~『新撰讃美歌』警醒社
      1888年 「仏教を剿滅するは仏教徒なり基督教徒にあらず」~林寂雄『咄咄怪事』貝葉堂
      1883 基督教信徒 『東京毎週新報』4 より(日本人信徒が聖書の東京翻訳常置委員と外国聖書会社に送付した意見書)
      1887年 『日本全国基督教信徒同盟会演説集』警醒社
      1885 ロマ教会〔カトリック〕 「ロマ教会ノ創立」「ロマ教会」~斐沃芳『羅馬書註釈 上巻』正教会
      1886年 レア子ド『羅馬教會論――名耶蘇教三大派之區別』米國派遣宣教師事務局
      1885 耶蘇教徒 「耶蘇教徒ノ誠心」~ジャスチン・マッカーチー他『大英今代史 校訂 巻之1」日本出版会社等
      1886 羅馬カドリク教〔カトリック〕 「羅馬カドリク教の寺院」~赤峰瀬一郎『米国今不審議』実学会英学校
      1887 クリスチャン 日本クリスチャン教会 (American Christian Convention in Japan) 伝道開始
      1899年 「クリスチヤン」~『基督教名鑑 明治30年調査』教文館
      1889 基督正教 瑪加理乙『基督正教定理神学』正教会編輯局
      1893年 ポベドノスツェフ『基督正教會史』正教會編輯局
      1906年 基督正教婦人会〔各地にある正教会の婦人会の連携を図るための組織〕
      1890 キリスト教徒 植村正久「福音週報の発刊に付き一言す」より
      1908年 「キリスト教徒の生涯は内的実験なりとの神学論ぜらる。」~アルフィアス・ダブルユー・ウヰルソン他『保羅の神学――羅馬書に拠る』
      1933年 野依秀市『世界のキリスト教徒に與ふ』秀文閣書房
      1891 基督教信者 「現今我国の基督教信者」「基督教信者と為りたる証拠」~『新島先生言行録』福音社
      1940年 川口保武『日本精神と基督教――私は如何にして基督信者となつたか』日曜世界社
      1894 「カトリツク」教 「『カトリツク』教建物ノ所有権」~『法学原論』和仏法律学校
      1930年 脇田登摩『日本國體とカトリック教』カトリツク教會
      1894 ハリストス教 「ハリストス」教奉神礼~アルセニイ『聖体礼儀解』正教会
      1897 ハリストス正教会 全教会施設の看板表記を公式に「ハリストス正教会」とする(パウェル津田徳之進、表記統一を公会で提案して承認される)
      1900年 「大日本ハリストス正教会編輯局」名刊行物
      1901年 「ハリストス正教会本会」名刊行物
      1902 ハリストス正教 水島行楊『絵入ハリストス正教大意 増訂2版』大日本正教本会編輯所
      1902 基督の徒 「基督の徒」~ハンス・クリスチアン・アンデルセン『即興詩人』春陽堂
      1913年刊行 雑誌『基督の徒』基督の徒雜誌社
      1907 基督者 アル・エ・トーレー『基督者之成功』中庸堂
      1914年 釘宮辰生『理想的基督者』エ・ピータルス
      1915年 原田友太『基督者の日常生活』
      1919年 雑誌『基督者』創刊
      1908 キリスト教徒 「キリスト教徒の生涯は内的実験なりとの神学論ぜらる。」~アルフィアス・ダブルユー・ウヰルソン『保羅の神学――羅馬書に拠る』ジェー・シー・ニュートン
      1933年 野依秀市『世界のキリスト教徒に与ふ』秀文閣書房
      1910 カソリック〔カトリック〕 「カソリック教の成立」~『世界の宗教』大日本文明協会
      1923年 「眞理の專賣特許を僣稱せるカソリック教會」~帆足理一郎『精神生活の基調』新生堂
      1916 切支丹教徒 加藤三吾「非國民的妄執 切支丹教徒の神社参拝問題」~『日本及日本人』
      1920 カトリック 1920年 『ローマカトリック教理詳解』上智大学公教学生会より刊行
      1920年 雑誌『カトリック』公教学生会より創刊
      1930年 『幼な子に倣ひて――聖女小さきテレジアの践まれし愛の道』カトリク教会(奥付の誤植)
      1922 キリスト者 「キリスト者の希望」~三好聖研『真の礼拝者』待望社
      1930年 「神の友」[他]『全訳キリスト者の真生活』文教書院
      1923 カトリック 「公教青年時報」が「カトリック・タイムス」と改題(1931年「日本カトリック新聞」、1946年より「カトリック新聞」)
      1924 カトリック教徒 第1回全日本カトリック教徒大会開催
      「萬國カトリツク教徒大會」~牧野登美夫『世界的大宗教』
      1929 カトリック 「カトリック中央出版部」設立
      1937 カトリック 日本カトリック新聞社設立
      1941 日本天主公教教団 (1941年5月の宗教団体法によるカトリック教会の組織名)
      1948 クリスチャン 和地永生『クリスチャン人生』人生創造社
      1949 クリスチャン 「お茶の水クリスチャンセンター」設立
      1951 キリスト者 「キリスト者平和の会」発足
      1955 クリスチャンホーム 「特集 クリスチャン・ホームの形成」~『福音と世界』
      1959 クルセード 「大阪クリスチャン・クルセード」開催
      1965 キリスト者 『週刊キリスト者』創刊(キリスト者学生会)
      1967 クリスチャン 『クリスチャン新聞』創刊
       
      最近の記事
      リンク集


      キリスト教の歳時記
      (講談社学術文庫)
      Amazonの頁へ


      なんでもわかるキリスト教大事典
      (朝日文庫)
      Amazonの頁へ


      もっと教会を行きやすくする本(キリスト新聞社)
      Amazonの頁へ

      タグクラウド
      カテゴリ
      過去ログ
      {yahoojp} {kurihon.seesaa.net}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-45494